総計: 2028379  今日: 147  昨日: 175       Home Cart Search SiteMap E-Mail
広島 日本酒 酔心 酒 賀茂鶴 亀齢 まぼろし 地酒 雨後の月 広島酒:地酒:日本酒販店/多い種類の広島県のお酒を通信販売する酒店です/
新着情報
お買い物について
ショッピング
ギフト
お試しセット
タイプ別
地域別
日本酒用語
つぶやき
酒まつり
リンク募集
 
    
  
  ログインで簡単
    ログインしてお買い物して頂ければ必要事項の記入を省略できます
広島 酒 贈り物 ギフト
  広島のお酒
    純米大吟醸酒
    大吟醸酒
    純米吟醸酒
    吟醸酒
    純米酒
    その他
    酒練込み:うどん
    業務用一升瓶
    御祝・誕生日>>>贈り物
  お酒と食の相性
    香りの高いタイプ
    軽快でなめらかなタイプ
    コクのあるタイプ
    熟成タイプ
  蔵元紹介
    相原酒造>>>>>(雨後の月/金泉)
    賀茂鶴酒造>>>(ゴールド賀茂鶴)
    賀茂泉酒造>>>(古酒/壽/朱泉)
    亀齢酒造>>>>>>(萬年/創/綺麗)
    西條鶴酒造>>>(神髄)
    中尾醸造>>>>>(誠鏡まぼろし/幻/檸檬酒)
    福美人酒造
    盛川酒造>>>>>(白鴻/沙羅双樹)
    三輪酒造>>>>>(神雷)
    天宝一
    山岡酒造>>>>>(瑞冠)
    酔心山根本店>>(ぶなのしずく)
    金光酒造>>>>>(桜吹雪)
    入江豊三郎本店(保命酒)
    旭鳳酒造>>>(純にして醇)
    原本店>>>>>>>(蓬莱鶴)
    梅田酒造場>>>>(本州一)
    岡本亀太郎本店>>>(梅太郎/杏子姫/保命酒粕)
  買い物カゴ以外のご注文方法
    Webでのご注文
    メールでのご注文
    FAXでのご注文
    お酒探しご依頼
  まめ知識
    製法品質表示
    広島の酒 特徴
    安芸津杜氏
    製造工程
    広島の酒米
    広島の名水
広島SAKE倶楽部スマホ
広島すきじゃけぇー - 楽天ブログ(Blog)
広島の酒を通信販売広島sake倶楽部/相互リンク
 お店の場所です
広島県福山市周辺地図 - 地図ゼンリン
お店と周辺案内
新店舗のご案内
 ボックスのタイトル : まめ知識
 題名 : 広島の酒 特徴

軟水醸造法:三浦仙三郎:女酒

広島の酒 特徴

 

広島の酒が、全国に知られるべき理由。
広島で清酒醸造が始まったのは、今から470年ほど前、天正年間(1573年)だと言われています。


江戸時代から、まず兵庫の灘で酒造りが栄えた。灘には「宮水」と呼ばれる質のいい「硬水」(硬度が6〜8)が湧いていたためです。

酒造りには、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を含む硬水が適しています。ミネラル分が酵母の栄養分となって、元気のもととなってくれるためです。酵母醗酵が活発になるため、キレ味のいい辛口の酒が出来上がります。


それに対して、広島の水は違っていた。県内のほとんどの井戸水は、硬度が3〜6度の軟水だったのです。これでは酵母に勢いがつかず、なかなか元気になってくれません。広島の酒は、甘口で日持ちもよくない悪い酒になりやすかったのです。

 

そんな軟水の弱点を逆手にとって、逆に広島酒の個性として、灘とは違う酒を造り上げた男が現れた。軟水醸造法と言われる画期的な手法を日本で初めて開発したのが、安芸津の醸造家・三浦仙三郎(1847〜1908)です。


三浦は、水によって酒の味が異なることを知って、それならと、広島の水に合った酒造りを考えることにしました。そして明治20年代になって、独特の手法を開発することにたどり着いた。

 

まず、をしっかり育てることを考えた。硬水だと酵母が活発に働くので、麹は若いものを使うが、軟水ではそうはいかない。逆にをしっかり育てて、米の内部にまで充分にが行き渡るようにします。そうすると米の糖化が進んで、次のステップの発酵 が活発になると言うわけです。


つまり、硬水だと何もしなくても発酵が活発なのに対し、軟水だとその前の段階で、充分な下ごしらえが必要ということなのです。この広島が生んだ「軟水醸造法」は、軟水の弱点を逆に個性に結びつけた日本初の製法だったところに価値があります。

そして、その「下ごしらえ」でしっかり造ったは、そのおかげで香りが高く濃醇な味わいになって現れました。


広島の酒は、灘の「男酒」に対して「女酒」と呼ばれる、ふくよかでキメの細かい酒となって生まれ変わりました。広島酒は、それまで日本になっかた、まったく新しい味わいを個性に持つことになったのです。


こうして生まれた「広島酒」の評判は、それから高い評価を獲得し続けることになる。全国最初の清酒鑑評会で、広島の酒は灘・伏見の評価を大きく上回り、最高賞を獲得。全国にその存在を知らしめることになったのです。


 

「日本の縮図」である広島。
日本酒は、もちろん単独で飲まれることもあるが、多くは食の文化とともにあります。それだけに、土地の特産物や料理の味わいで、酒の味も違ってくる。

 

一般的に言われるのが、薄味の西日本ではやや濃醇な酒が好まれ、東日本は逆に淡麗な酒が好まれるとされています。


その中で広島は、南は瀬戸内海に面した「海」の味、北は冬雪深い中国山地の「山」の味、そしてその中間に位置する盆地などの「里」の味がある。温暖な気候から雪国並みの豪雪地帯まで、まさに「日本の縮図」と言われる所以です。

 

それによって、同じ広島の酒でも、濃醇なものからやや淡麗なもの、甘口から辛口と、多彩で個性的な味わいの酒が揃っている。気候や風味、風情を背景に、それぞれの蔵が個性を求めながら、広島の酒を彩っている。


広島の気候や風土が育んだ、広島ならではの「広島の酒」。まさに「旨いぞ、まるごと!広島の酒」。

 

 

広島SAKE倶楽部ネットショッピングご案内
広島SAKE倶楽部
◆ お支払い方法・送料
広島のお酒を通信販売

 

>> お支払い・送料詳細
◆ 個人情報の取り扱い
全てのお客様の個人情報は、お客様の同意なく無断で収集・利用いたしません。 業務上必要に応じて収集した個人情報は、(有)福田商店が責任を持って安全に蓄積・保管し、決して第三者に譲渡および提供することはありません
◆ このサイトはリンクフリーです

広島 日本酒 酔心 酒 賀茂鶴 亀齢 まぼろし 地酒 雨後の月

リンクして頂けると、とっても有難いです。左のミニバナーをお使い下さい。相互リンクはリンク募集から・・♪
http://hiroshima.easy-magic.com
◆ ブログ
広島すきじゃけぇー - 楽天ブログ(Blog) 管理人福田は毎日こんな事を考えてますブログへご訪問お待ちしております
特定商取引に関する法律に基づく表記
有限会社 福田商店
〒729-0111
広島県福山市今津町三番地の三
担当者:福田孝道

TEL:084-934-1236
FAX:084-934-8843
Mail:fukuda-sk@mx41.tiki.ne.jp
スカイプ:hiroshimasake
定休日 毎週日曜日・祝日

日本酒 酔心 酒 賀茂鶴 亀齢 まぼろし 地酒 雨後の月
〒729-0111
広島県福山市今津町三番地の三
TEL:084-934-1236
FAX:084-934-8843
営業時間:午前9時〜午後7時
定休日 毎週日曜日・祝日


日本酒 酔心 酒 賀茂鶴 亀齢 まぼろし 地酒 雨後の月
Webでのご注文 メールでのご注文 FAXでのご注文 お酒探しご依頼
買い物カゴシステムが苦手という方は、上記のご注文方法でも受け賜っております

酔心 賀茂鶴 亀齢 まぼろし 地酒 雨後の月

有限会社福田商店運営の広島SAKE倶楽部